Miho Watanabe

記事一覧(14)

ポストトゥルースの時代に考える「ガセネタ」に纏わる記号体系、「ガセネタ」における意味生成。 宇川直宏(DOMMUNE)

■ポストトゥルースの時代に考える「ガセネタ」に纏わる記号体系、「ガセネタ」における意味生成。宇川直宏(DOMMUNE)地元香川の大先輩であるマイナーの主催者=佐藤隆史氏が、1980年にコンパイルした『愛欲人民十時劇場』(ピナコテカレコード)をリアルタイムで愛聴していた僕にとって、今回、山崎春美さんから頂いたオファーは身に余る光栄でした。伝説的な、いや文字通り幻の存在であった「ガセネタ」がニューアルバムをリリースする!!!!!! オリジナルの楽曲は4曲しかないのに…いや、4曲もある(©︎大里俊晴)からこそ21世紀にガセネタのニューシットが、いや、ニューゴシップがリリースされる!!!!!! そんな歴史的アルバムのジャケットデザインのオファーを受けた僕は、これは必然であり荒野から立ち上がった星の定めなのだ、と思うことにしw 二つ返事でお引き受けいたしました。まず、デザインを着手するにあたり、これは名編集者でもある山崎春美さんにより出題された「ガセネタ」というお題の大喜利なのだ...と捉え、その語源である、デマやゴシップや偽情報を視覚的に表現できないか、と考えることにしました。僕はもうデザイナーを生業として今年で30年になりますが、アルバムジャケットのオファーを頂いた場合、いつも二つの方向性を想定することにしております。まず一つは(A)アーティストの過去のイメージや物語を引き受けた上でUPDATEするのか?(←例えばヒプノシスがデザインをしたピンクフロイドの一連のシリーズはまさにこれです。)もしくは(B)過去のイメージを払拭し、嘗てそのアーティストが纏っていない斬新なイメージをうち出すのか?(←活動黎明期のビョークなどはこの例です。)そこで、今回も様々なコンセプトを練ってみたのですが、やはり「ガセネタ」の場合は、93年に突然リリースされた『Sooner or Later』の「江夏」の強烈なビジュアルイメージを拭い去ることは簡単にはできないと考えました!!!!! 一体、なぜなのか?明らかに東スポから切り抜いた「江夏」逮捕記事の、あの無作為を装った奇妙なトリミングや、金赤と抹茶色のような気色の悪い配色のカラコレによる強烈なインパクトは一体何だったのか?それ以前に「江夏」は本当に「薬漬け」だったのか?そしてあの記事は「ガセネタ」だった可能性はないのか?なぜなら夕刊の大見出しのように「ガセネタ」と帯に大きくかかれていたではないかwwww?などなど….様々な思考を巡らせました。例えば当時「江夏」がそうであったように、時事ネタのコンビニエンスな起爆力を味方につけて、最新のゴシップをジャケ化するアイデアも捻り出しましたが、しかし今回僕は光栄にもこのような大役を仰せ付かったわけなので、「ガセネタ」をビジュアルで掘り下げるにあたっては、ワガママにも(A)と(B)の両方を次元上昇させ、「ガセネタ」の現象そのものを映しだそうと考えるに至りました!!!!!。つまり(A)の物語素を育みつつ(B)として更新するという方法です。(←実は現在のビョークがそれなのです。つまり言い換えればガセネタをビョークの戦略でUPDATEする試みです!)そこで、改めて「江夏逮捕の1日(1993.3/2)」を3枚のジャケットでアブストラクトに辿ってみようと考えました!!!!!! 25年前のあの日江夏は、(1)美術館に行ってコンセプチャルアートにふれ(7inch一枚目)、(2)そしてアイリッシュバーに行って石田えり似の元コンパニオンと合流し泥酔(7inch二枚目)、(3)更にはジュリアナ(←93年なので)に向かいイタロハイパーテクノで激踊り、その流れでカラオケにいってアリスの曲ばかりを昼すぎまでで熱唱(CDのH1&H4)していました!!!!!! そして、その後”現行犯逮捕”された….という物語を3枚のジャケに宿しました!!!!!!! 勿論、これら全てのイメージは僕の妄想=デマ=「ガセネタ」ですwwwwwそして本当に「江夏」は「薬漬け」だったのかどうか?このようにデザインのアイデアをしたためていた、そんなタイミングで...三田佳子の次男、高橋祐也が覚醒剤取締法違反の疑いで、警視庁渋谷署に逮捕されました。4度目の逮捕ということもあって、乱用薬物の中での特に覚醒剤の依存性の恐怖を、地上波がこぞって報道していました。そう、彼こそがまさに現在「薬漬け」の身なのでしょう。また同じ野球選手である清原和博は「ホームランより自分を満たしてくれるものはない」と自覚し、引退したあとの空虚感から「薬漬け」になってしまい、現在、ひとり孤独に薬物と闘っていると聞きます。そして清原は、今月過去の栄光と挫折をつづった『告白』を上梓し、薬物修羅を明かしたところです。清原本人が語っているのですからこれは、「ガセネタ」でないことは明らかです。そうです!!!!!! 絶対的に「清原」は「ガセネタ」ではない!!!!!!!!! なのに何故今だに「江夏」は「ガセネタ」で「ガセネタ」は「江夏」であり続けるのか!!!!!!!?